上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今シーズンから取り扱いのブランド群にアメリカのワークブーツブランド【CHIPPEWA】(チペワ)が。
HISTORY OF [CHIPPEWA]


ブランドの紹介(以下チペワ社より要約出典)そもそもこの【チペワ】と言う名前は1901年、アメリカ北部、緑豊かな五大湖沿いのWisconsin州(ウィスコンシン州)の『チペワインディアン(オジブワ族=Ojibwa)』の住んでいた土地『Chippewa falls』(チペワフォールズ)に創業した事から来ています。
当時周辺地域ではパルプ(製紙)産業が盛んな時で木材を切り出すLOGGER(木材伐採夫)の足元を『完璧に』保護する為のブーツ作りから始まった。
やがてその頑固なまでの『品質主義』を貫く【CHIPPEWA BOOTS】の名は全米に広まり、WWⅠ(第一次世界大戦)以降、米軍に供給が開始されます。
1950年代にアメリカで広まった『アウトドアブーム』の中で波及して行き世界中に認知される数少ない『ワークブーツブランド』の一つへと成長して来ましたが、『WORK BOOTSワークブーツの本質を追求し続ける』姿勢と、創業以来一貫しての『品質主義』『クラフトマンシップ』創業から100年を過ぎた現在に至るまで決して変わりません。

LOGGER


【SLAP SPEED】が『いま何故敢えて『チペワ』なのか!?』と言う事をざっと説明させて頂きます。
【CHIPPEWA】#27899 11


僕が始めて履いたワークブーツは『ENGINEER BOOTSエンジニアブーツ』でした。
その時期に50年代の音楽やファッションに興味を持ち始めて、
ってのが理由でした。
その時に選んだのが【CHIPPEWA】でした。
まわりの友人は皆『RED WING』でしたのでちょっと違う物にしたかったというのがその時の本音です。笑
今となっては少し気恥ずかしい動機でしたが、後になって「結構いいチョイスをしてたんだな・・・。」と思う様になったのです。

【CHIPPEWA】のエンジニアブーツは50年代からほぼ形を変えていなかったからです。

当時のエンジニアブーツは今の物と比べるとだいぶつま先が細くなっています。
現在【SLAP SPEED】にちょうど当時のVINTAGE SAMPLEが在るのでそれを見れば確認できます。
【CHIPPEWA】27863 11

↑この写真のモデルは以前から人気の高い《ブラックウェルト》モデル。

次回は各モデルのご紹介をしたいと思います。

S.S店長

Secret

TrackBackURL
→http://slapspeed.blog78.fc2.com/tb.php/39-73981d14
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。