上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前『今度書きます』と『予告』してからだいぶ時間が経ちましたがようやくです。

今回から数回に分けてLEVI'Sの誇る『JEANS』のオリジン!
501XXについて、現在Levi's Japanからリリースされているモデルを中心に古い順で解説して行こうと思います。

今回はその第一回目
501XX 1937MODEL
501XX 1937


このモデルは1937年頃生産されていたモデルで、主な特徴は
■ウェスト部分にある『シンチバック』とベルトループの併設
■一本針ミシンによる『ダイヤモンドクロス』の無いヒップポケットの『アーキュエットステッチ』(過去から現在まで【LEVI'S】の登録商標でもある)
■クロッチリベット(股リベット)
■コンシールドリベット(ヒップポケット両端の隠しリベット、これより前のモデルは剥き出しでした。)
■右ヒップポケットに付いた【LEVI'S】の『レッドタブ』(これも以前のモデルにはありませんでした。)
等が代表的に挙げられると思います。

501XX 1937 FRONT


この頃の『ジーンズ』は『ウェストオーバーオール』(『WEST OVER ALLS』)と呼ばれていて
まだ完全な『WORK WEAR』(ワークウェアー、作業夫着)で、カジュアルで着る人は皆無、むしろ『作業着』の中でも『馬上での作業』『線路敷設』『金鉱堀り』などに重点が向けられた『ハード』なものでした。
元々『ジーンズ』がこの深い『インディゴ(藍)』で染められているのも『色落ちさせずに持たせる為』であり、
それが現在ではたまたま『良い色落ちの為』の様になっている所以です。
この頃の染料は『染色堅牢度』(色持ちがどの程度頑丈か)が現在に比べ低かった為に『色濃く染める』事でそれを補った物でした。
しかしなかなか繊維の中心まで染める事が出来ず、白く残ってしまった為に、現在では『ジーンズの色落ちの代名詞』となった『濃淡のある色落ち』が誕生した訳です。

この1937年頃のモデルにはそんな『完全なる作業夫の為の道具』たらんとするディテールが満載です。

501XX 1937 WATCH POCKT


現在生産されているリプロダクツモデルの中でも最も『生地の打ち込みテンション』がゆるい為他のモデルよりも強く『縮み』が出ます。

これも当時の機械で織り上げられた風合いを再現する為の物です。


501XX 1937 HIP POCKET


【SLAP SPEED】ではこの夏、この【1937MODEL】を
『ベルトをせずにシンチバックを使用して』履く履き方をご推薦致します。

LEVI'S 501XX 1937MODEL
30"インチ~36インチ(このサイズから約2.5~3インチほど縮みますので実際は約27インチ~33.34インチ程度になります。スタッフにご相談下さい。)
\19,950
Secret

TrackBackURL
→http://slapspeed.blog78.fc2.com/tb.php/34-75b7abb9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。