上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01.19 クラッチOH!
なかなかまとまった時間が取れなくて、ひとつの記事書くのに数日掛かっておりますが・・・。

先日【MC FUNNY】さんにてワタクシSS店長の『3号機』エストレヤのクラッチをオーバーホール(OH)してもらいました。

このエストレヤ、ワタクシSS店長の手元に来るまでも(その当時は未だ【SLAP SPEED】は無い時代だったので『SS店長』ではなかったのだけど)オーナーを知っている車両で、最初のオーナーは鶴見に住んでて当時はセパハンでカフェレーサーな仕様だった。

その次のオーナーは、ワタクシSS店長が所属する【Y.S.B】の当時のメンバーで、その次がワタクシです。

その後数年前に一度腰上オーバーホールた後に【SSSC】の原案であるコンセプトカスタムを施して現在に至るという訳なんですが、何を隠そう、このエストレヤ、92年型のエストレヤ初年度型なので今年20歳。

ワタクシSS店長の元に来てからは常にアクセル全開。。さすがに各所疲れが出てくるのです。。。

で今回、今まで騙し騙し使ってきたクラッチをついにオーバーホールしてもらいました!

3号機クラッチオーバーホール
右側エンジンカバー外したところ。 エストレヤはクラッチ右側です。 日本車はだいたいそうかな。
3号機(SSSCエストレヤ)クラッチ
これがクラッチ一式。
クラッチハウジング洗浄
クラッチハウジングからクラッチ一式外したところ。。【MC FUNNY】柳下さん、仕事速いんだわ。ほんと。
スラッジ、というか金属片!?汗
オイル通路のスレーキ(ようは金網。笑)  割としっかりとした大きさの金属片が着いてますね。。 いや~ぁおっかない!こんなのがオイルに乗ってエンジン内を回りまくっていたらエンジン内部傷だらけになってしまいます・・・汗

ハウジング内にも大量のスラッジが。。

やっぱりお願いして良かった。。。。

やっぱり、英車やアメ車、イタ車(萌え系キャラがデカデカと書いてある『痛車』のほうでは無くてイタリアのバイクの意)等の外車と比べたら数倍もトラブル知らずな日本車。今回キッチリオーバーホールしておけば、またあと20年くらい持ってしまったりするのだろうか・・・。

組みあがった後は、やはり絶好調ですので本当にすこぶる気分が良いです!笑

寒い今の季節だからこそ!キッチリ整備しておくと春からは気持ち良く乗れるのではないかな?

このエストレヤはいずれちょっとしっかり記事にする予定です。

いつになるか分からないけど、お楽しみに!


SS店長
Secret

TrackBackURL
→http://slapspeed.blog78.fc2.com/tb.php/237-ed1029fb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。